腰痛でレントゲンやmriの検査で「異常なし」と言われても心配がいらない理由

doctor 腰痛でレントゲンやmriの検査で「異常なし」と言われても心配がいらない理由

腰痛で受診しても検査で異常がないから「異常なし」というドクターは多い

腰痛で受診しても、レントゲンやmriの検査では異常なしと言われることはよくあります。

そんな時、「異常なしって言われてもこんなに腰痛いんだよ?」と医師の対応に困惑し、どうしていいのかわからなくなってしまう人は多いです。

「異常なし」と言われても、実はそれほど心配する事はありません。なぜ心配することがないかという理由と、腰痛持ちの方が腰痛を改善するために取るべき行動についてお話していきます。

Sponsered Link

レントゲンやmriで異常がないからと言って異常がないわけではない。

レントゲンやmriで異常がないからと言って異常がないわけではありません。現に、腰に強い痛みがあるわけですから、あなたにとっては、十分異常は起こっていますよね。

レントゲンやmriでの検査で異常がないから、「異常なし」というドクターは、それらの検査でしか異常を読み取れないと言っているわけです。

他の原因を探せない人にあなたの症状を任せるのは賢明ではありません。

「異常ないですね。とりあえず痛み止めの薬を出しておきましょう。」こういって出された薬なんて飲んじゃダメですよ。腰痛の原因がわからない人が判断して出している薬ですから。

腰痛の原因をレントゲンやmriでしか判断しないのはおかしい

そもそも、腰痛の原因をレントゲンやmriでしか判断しないのはおかしいと私は思っています。

痛みを引き起こしている原因は、骨の問題ではないからです。

※ ↓ 読んでおくと不安が減ります。

【関連記事】腰痛の原因は筋肉の硬さ!コレを知らずして改善は出来ない

【関連記事】腰痛で腰が伸びない!長く座ると腰が痛い!立てない!そんな腰痛の原因と対処法

Sponsered Link

腰痛(その他も)の痛みの原因は筋肉の硬さです。筋肉が硬くなって縮まるから、筋肉の中を通っている神経や血管を圧迫してそれが痛みを引き起こしています。

レントゲンで筋肉は映りませんし、mriで筋肉は移っても、硬くなっている状態を判断することはできません。

だから、レントゲン、mriで何かを見つけられないと、「異常なし」という判断になります。

私たち治療家から見ると、こういった大規模な危機による検査が出来ない分、

  • 問診
  • 視診
  • 触診
  • 運動検査(可動域、運動痛、)

などで、カラダの今現在の状態、痛みが出る状態を細かくチェックして腰痛の痛みを把握します。このデータの蓄積が経験になり、レントゲンなどの大きな検査をしなくても、問診だけでも大体の痛みの下を特定することが出来るようになってきます。

私たちが、多くの腰痛患者を診てきてわかっているのは、ほとんどの腰痛は筋肉の硬さが原因。

そしてその筋肉の硬さを引き起こしているのは

  1. 疲労
  2. 冷え
  3. 骨格の歪み

からです。

筋肉の硬さ歪みを見ていけば、ほとんどの腰痛の原因がここにあることがわかり、病院で異常なしと言われた腰痛でも改善していきます。(スグに取れるという事ではない。改善するためにやるべき事がわかるという意味)

腰痛で受診したがMRIでは異常なしと言われた場合の会社の休養の取り方

腰痛で受診しMRIでは異常なしと言われても実際には腰に痛みがある。「会社なんていけないよ!でも、異常なしって言われたし・・・」

こんなことで悩む方もいるかもしれません。そんな場合の「会社休養の取り方」について一言。

MRIや検査で異常がなければ医師は診断のしようがありません。でも、原因はあります。

まとめ

腰痛でレントゲンやmriの検査で異常なしと言われても、心配する必要はまったくありません。腰痛を改善させるためのやり方はあるからです。

下のリンクは、腰痛を理解して心配を減らすためにも読んでおいた方が良い記事です。

【関連記事】腰痛の原因は筋肉の硬さ!コレを知らずして改善は出来ない

【関連記事】腰痛で腰が伸びない!長く座ると腰が痛い!立てない!そんな腰痛の原因と対処法

【関連記事】妊婦の腰痛対策。プロが教える緊張と歪みを取る2つのエクササイズ

Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする