腰痛は必ず改善する!あきらめかけているその腰痛も正しく理解すれば治る

lowerback-pain-woman 腰痛は必ず改善する!あきらめかけているその腰痛も正しく理解すれば治る

自分の腰痛はもう治らない。とあなたも思っているのでは?でも、あきらめることはありません。

「病院で検査しても異常がない」といわれる。どこに行ってもよくならない腰痛。それは、治らない腰痛なのではなく、治る治療にめぐり合っていないだけです。正しく対処すればほとんどの腰痛は改善します。

西洋医学では対応できないから、もう、どうしようもないと思うのは早すぎです。世の中では、まだまだ医学的に証明されているわけではなくても、腰痛を改善させている事実がある。そんな治療法が山ほどあります。というか、世の中で医学的に証明されているもののほうが、ほんのわずかです。

なのに「その方法にエビデンスは?」と治せないのに、エビデンスが無いからそんな方法はまやかしだといわんばかりのドクターも残念ながら多いです。

ここでご紹介するものも、ドクター的には否定的なというか眼中にない考え方かもしれませんが、私が施術する患者さんには満足ただいている腰痛を改善する方法です。

「長年の腰痛を何とかしたい」と思うのでしたら是非参考にしてみてください。

Sponsered Link

腰痛を改善させるのは筋肉の硬さを取ること!

腰痛の原因は筋肉の硬さ

腰痛を改善させるために必要な事。それはまず筋肉を柔らかくする事。

というのも、筋肉の硬さが痛みになっているからです。筋肉は硬くなると筋肉中を走っている血管や神経を圧迫するために血流が悪くなり痛みを発します。

これが腰なら腰痛。肩なら肩こり。首の痛みや頭痛も同じですね。

「筋肉が固いから痛い?」と思う方も、中年お方は分かるかもしれませんが、足がつったとき。痛いですよね?

あれは筋肉がマックスまで硬くなったときに出る痛みです。

  • 足がつったときは、椎間板は関係ありません。
  • 骨の間が狭くなっていても、なっていなくてもつる時はつります。

あそこまで硬くならなくても、硬くなると筋肉は痛みが出てきます。時間が立って、筋肉が柔らかくなれば痛みは引きます。薬を飲まなくても。注射しなくても。手術をしなくても。筋肉が柔らかくなって血の巡りが良くなれば、痛みは引いてきます。

まずこの考えを第一に頭に入れてこの先も読んでください。

筋肉の硬さの原因は体の歪み

筋肉の硬さが痛みを引き起こすのはイメージしていただけましたか?

ココでは筋肉を硬くしてしまう原因について解説します。

筋肉の硬さの原因は、カラダの歪みが主な原因です。骨格が正常な位置にあれば、ほとんどの筋肉の緊張や不調は取れていきます。

※コチラに歪みを取る腰痛のセルフケアを紹介しています。「腰痛の治し方を正しく知る。間違った腰痛ケアの知識は慢性腰痛を長引かせる」

腰を例にします。

カラダのゆがみと筋肉の硬さの関係を実感していただくためのテストをして見ましょう。

  1. 前後左右にバランスをとってまっずぐ立ってみてください。
  2. この時左右の手を腰に当ててください。
  3. 親指を腰の筋肉に当ててください。前後左右のバランスが取れていれば筋肉はそれほど硬くありませんね?
  4. 上半身を左に傾けてください。
  5. 右手で腰の筋肉をチェックすると硬くなっています。
  6. 左手で腰の筋肉をチェックすると柔らかいです。
  7. 右手で硬くなった腰の筋肉を揉んでみてください。
  8. 柔らかくなりませんね?いつまでもんでも変わらないと思いますよね?

体を元に戻さない限り、この右手に感じている筋肉の硬さは変わら無いはずです。そう思いますよね。歪みが筋肉を引きつらせているからなんです。

左に傾けた上半身を戻してみてください。右手に感じている筋肉の硬さは一瞬で取れるはずです。当たり前といえば当たり前ですが、これが、腰痛だとそう思わない人たちがいます。私達が行っている整体では、この考えを基本にしています。

Sponsered Link

「骨格が正しい位置にあれば、ほとんどの筋肉の緊張や原因が分からない不調は取れます。」

私達のところへ来る腰痛患者さんは、歪みを正すことで一瞬で体が変化することに驚きます。私達にとっては当たり前でも、知らない人には「そんなことあるわけがない」「なんか怪しい」(笑)と受け取られることも多いです。

お医者さんも、検査で原因がないものは「異常がない」として、体を調べることは次の検査に任せてしまいます。見れば分かることなんですが・・・。

「じゃあ、整体で治らないのは何で?」という声もあるかもしれません。

脳(カラダ)は、変化を嫌います。体にとっていい刺激(調整)でも、それが定着するまではしばらく時間がかかります。何年もわずらってきた不調ですから、それが急に変わって定着するわけではありません。

骨格の正しい位置づけをして、数ヵ月後くらいに定着してきます。そうなれば、カラダの不調は激減します。それまでは定期的なメンテナンスは必要になります。これは仕方ないです。

ただ、定期的なメンテナンスをすることで腰痛が改善するならそれはそれでいい事ではないでしょうか。

カラダのゆがみの原因は内臓の疲労(不調)

lowerback-pain-woman 腰痛は必ず改善する!あきらめかけているその腰痛も正しく理解すれば治る

内臓マニピュレーションという調整で患部に触らなくても腰の痛みや緊張が緩和する

体のゆがみが筋肉の緊張を引き起こし痛みにつながっているということはお伝えしました。ここで出る疑問が、「じゃあ、歪む原因は?」だと思います。歪む原因は、内臓の疲労です。

血液サラサラで血の巡りがよければすべての病気は改善するというようなことは良く聞くでしょう。ドロドロだと大切な臓器に血が行かなくなり栄養が来ない臓器は病気になります。不調な臓器は血(栄養)が行かない状態だということです。温かい血が行かない臓器は冷えていき次第に硬くなります。

肝硬変という病名を聞いたことはあるのではないでしょうか。肝臓が硬くなるということなんですが、臓器に栄養が行かないことで硬くなってしまうわけです。硬くなって縮んでしまいますから、臓器を骨格とくっつけているじん帯が引っ張られてしまいます。(内臓も宙に浮いているわけではなく骨格にじん帯でくっついて支えられています。)

これが、骨格のゆがみの原因になります。

内臓に血液がいって緊張が解ければ引きつれが無くなり、骨格のゆがみも整っていきます。その結果、筋肉の緊張が緩んでいきます。

背中のコリが強い方も、単純な筋肉疲労で硬くなっている以外の硬さは、その筋肉を揉むことなく内臓の調整で緩んでしまうことからもこの考えやアプローチはあっているといえるのではないでしょうか。

まとめ

どこに行っても治らないと思っていた腰痛も、治る治療法にめぐり合っていなかっただけです。病院での検査に異常がないといわれたからといって治らないと思うことはありません。検査で引っかかるよう内情が無かっただけで、体の不調を起こしている骨格や内臓のバランスを整えていけば、必ず改善します。

Sponsered Link