腰痛を慢性化させないために、腰痛を自分で治す気持ちがないとダメなこんな理由

muscle-lowerback 腰痛を慢性化させないために、腰痛を自分で治す気持ちがないとダメなこんな理由

脊柱起立筋

こんにちは。

神田の腰痛治療家hiroです。今日は腰痛から解放されるために一番大切なことについて話していきます。

世の中には様々な腰痛の治療法があります。治療院もたくさんあります。

それでも、あなたが腰痛で苦しんでいるのは、あなたの腰痛にあった治療に巡り合ってないだけかもしれません。

あなたの腰痛も必ず良くなります。

Sponsered Link

今日お伝えする内容を意識するだけで、あなたがいつも受けている治療が、あなたが自分で行っているセルフケアがより効果的なものに変わっていく可能性があります。それは、「腰痛は治せると思う心構え」です。

絶対治す。

治る。

この気持ちです。

「なんだ、精神論か・・」と思わないで下さい。この治すという気持ちが、治療を受ける前、セルフケアを行う前に必ず必要なことになります。治療の効果を高めるのも、効果を全く無くしてしまうのも、このマインド次第といってもいいくらいです。

重度の腰痛の場合は、治療を受けても、セルフケアをしてもすぐに効果が出ないこともあるかもしれません。そんな時に、「この方法はよくなる方法なんだ。」「この治療で治していくんだ。」という気持ちが無ければ、続けることができません。続けること出来なければ、どんなによい治療法だったとしても、効果が出て行くわけがありません。

私は治療家という仕事柄、多くの腰痛の方を見ています。

こういう事が良くあるんですが、同じような痛み具合の腰痛で来た方も早く回復する人となかなか変わらない人がいます。そんな事が割とあります。良くなる方はとにかく素直。私たちの生活の指導もよく聞いてくれます。

「まだ痛みはあるけど、来た時より痛みは減っている」と、少しの変化(改善)を喜びます。

そして、「何とか早く治すぞ」こういう気持ちを持っています。逆になかなか治らない方に多いのは、「お金払ってんだから治してくれよ」とは言いませんが、そういう態度がハッキリとあらわれています。

生活で気を付けるべきことを伝えても、「いや、それは・・・」「いや、でも・・・」と必ず言い訳して、素直にやろうとしません。

そんなことしなくてもいいだろう。治すのは治療家の仕事!!そんな感じです。

そして痛みが減っていても「さっきよりはいいけど、こうするとこっちが痛い」とどんどん違う痛みを探し始めます。何年も歩くのもやっとだという状態で来院して、治療後スグにパパッと走り出せるはずないじゃないですか?

カラダを治すのは、じつはあなたの体なんです。痛みが取れやすいように、筋肉が緩みやすいように私たちは治る為の方向付をしているだけなんです。

実際にそのあとに、、痛みを取ったり緊張を緩めるのはあなたの体自身なんです。どんなに治療をしてもカラダが改善しやすい環境になければ治りません。

栄養と休養が治療以上に必要なんです。

そして治療の頻度も。

そして、治すぞという気持ちがカラダの回復力を高めますし、治療を続けていくため、栄養と休養をシッカリ取るというモチベーションになっていくんです。

ポジティブな気持ちを持っているだけで、免疫力が上がるという事は医学的にも証明されています。

もしあなたが今行っている治療に「これでは治らないんじゃないか?」と感じているなら、セカンドオピニオン、サードオピニオンと、あなたに合うものが他にないか、信じられる先生を探してください。

そして、その方法でからだの変化が起これば少しの変化を喜び、気持ちをポジティブにしていってください。

慢性腰痛を和らげる、あなた向けのこんな治療法

腰痛のストレッチ&体操の効果を最大限に高める「腰痛のストレッチの考え方」と5つのストレッチ!

Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする