成長ホルモンをコントロールし、体を回復、肌をツルッツルにする方法!!

成長ホルモンが体力的な面で体を回復させています。ボディビルダーも、筋肉を最大限に発達させるために成長ホルモンを分泌しやすいように気をつけています。

また、肌をキレイにするのも成長ホルモンで、美を追求する女性はかなり意識しているようです。

スポンサードリンク


この成長ホルモンは、一般的に10時~2時に分泌されると認識されている方が多く、意識して生活したいとは思っていても、都会の生活では、就寝時間が遅くなり半ばあきらめている人も。

ところが、最近の研究では、入眠後3時間に成長ホルモンが分泌され、眠り始めの1時間が最大に分泌されるということがわかっています。

ということは、毎日寝る時間が遅い方も、まだ、あきらめることはありません。眠り始めの一時間を深い眠りにしていけば、成長ホルモンは十分に分泌されるということですから、この眠り始めの質を高めていけばいいんです。

成長ホルモンを最大に分泌する法則をご紹介します。

relax-e1486627876891 成長ホルモンをコントロールし、体を回復、肌をツルッツルにする方法!!

睡眠時に成長ホルモンがシッカリ分泌されるような眠りをしていると体がシッカリ回復します。翌日に疲れを残さなくなります。

そんな、質のよい眠りには成長ホルモンのコントロールがかかせません。その成長ホルモンを最大に分泌する眠りの法則をお伝えします。

  • 成長ホルモンの分泌は、睡眠の深さによって決まります。
  • 睡眠の深さは深部体温によって決まります。
  • 深部体温は、起床後11時間後が一番高くなり、22時間後が一番低くなります。
  • 朝6時に起きる人は、夕方5時が一番高くなり、明け方4時が一番低くなります。

この夕方5時にシッカリと深部体温を上げておく
夜寝るころに体温が下がり始めてスムーズに眠りにつきやすくなります。
夕方の5時に何か運動をするとなると仕事をしている人は実際には難しいですが、この場合の運動とは、ジムでトレーニングをしたり、何かスポーツをするというようなものでなくてもよく、たとえば肩を回す。からだの前屈後屈などの体操で体温が上がる程度、筋肉が刺激されていれば十分です。

この夕方の運動によって深部体温が上がるサイクルが来るっていなければ、体は眠りのサイクルを壊すことなくスムーズな眠りに付くことができます。

スムーズな、深い眠りに付くことが出来れば、成長ホルモンも分泌され体が十分回復していきます。

朝の目覚めがスッキリし、日中の集中力が上がり仕事も遊びもばっちりです。


スポンサードリンク