前蹴りを捌く!相手の前蹴りをコントロールすることで、試合を10倍優位にする。

前蹴りは、キックボクシング、空手などの打撃系格闘技では、自分の戦いやすい距離を確保するための必須のスキル。使いこなせると優位に試合を運べるが、相手の前蹴りをコントロールできないと、「何もできず、力を出せずに終わってしまう。」こんなこともありえます。

試合において自分の距離を確保するのはとても重要。距離のコントロール次第で自分よりも格上に勝つことができるから。

そういう意味で、相手の前蹴りを確実に捌く(さばく)ことができれば、ほぼ勝ったも同然。

捌き方をしっかり身につけて、優位に試合運びができるようにしてください。


■スポンサードリンク




前蹴りの捌き! 基本型

相手の前足の前蹴りを自分の左手でよける。
この際の注意点は、手だけで払いのけるのではなく、払う際には同時にカラダを右にねじらせ、半身に構え受け損ねさえももらわないようにする。

前蹴りの捌き! 応用編 カウンターアタック

前蹴りを払いのけるだけでなく、払いのけた後にスグにカウンターのパンチを打ち出すことで、相手はよけきれずにクリーンヒット。
ダウンを取りやすい攻撃です。ダウンを取れないまでも、クリーンヒットしやすい攻撃なので相手は次第に前蹴りを出せなくなってくる。

そうなるとあなたの独壇場。自分の優位な攻めをドンドン進めることができるようになります。

是非、身につけておきたいテクニックです。



■スポンサードリンク